家族5人での写真♪

パッケージツアー?それとも個人旅行??

スタッフ森本と息子2人(重度肢体不自由で車椅子が必要な長男、4歳の次男)と森本の高齢で長距離を歩くのが辛い両親の5人での海外家族旅行。

元々、添乗員としてパッケージツアーで案内をしていた経験もあり、パッケージツアーでは厳しいと思い、個人旅行で旅することに。

やっぱり、団体行動で他の旅行者と同じように時間をあわすことができないのは大きいです。

飛行機での準備は別記事を参照。

車椅子が必要な長男との観光方法

家族みんなで行ったレストラン

ハンディキャップはあっても、ワクワク家族旅行。

希望は、サグラダファミリア、グエル公園、モンセラットという観光地3か所を車いすで効率よく巡り、車いすで入れて美味しいパエリアの食べれるレストランでランチ♪

でも観光地の移動の問題、車椅子・アレルギーがあってもレストランに入れるのか。。

これってかなり重要問題ですよね。

悩んだ末に選んだのは

【専用車・専用日本語ガイド・現地ガイド付き1日貸し切りVIPコース】

つまり、個人旅行だけど、旅行会社に【 9時から18時の9時間貸し切り1日観光 】を依頼するという方法。

結果は・・・大正解!!!

専用車・専用日本語ガイド・現地ガイド付き1日貸し切りコースを選んで良かった理由

①家族以外の人がサポートしてくれるという点。

いつもだと車いすを押す人は、写真に写れないけれど…ガイドさんに家族みんなで写真を撮影してもらえたり、時々車椅子を押して頂きました!(これはサービス笑)

せっかくの家族旅行なので全員の写真も取りたいし、少し車椅子を押してもらえるだけで、介護の負担が楽になったのが大きかったです。

もちろん介護のプロではなく、サービスではありますがその気遣いが本当にありがたく感じました。

ちなみに写真に関して、ツアーではないため、写真の時間もゆっくり取れたり、専用車なので、行きたいところに行けたり、写真映えするような絶好の撮影スポットでの撮影もできました♡

②ユニバーサルデザインやエレベーターなどに関する土地勘や現地にいるからこそ知っている情報

ドラゴンのすぐ近くまで車椅子で行くことができます!

グエル公園は丘の上にあり、公共交通機関で行く場合は、最寄の駅orバス停から坂道を徒歩で歩くのが大変…。

慣れない観光地では車いすでどのルートで回れるかなど現地の詳しい情報までは、添乗員情報でも不十分だったけれど、ガイドさんをつけていたことでとても効率よく回れました!!

現地のスペイン人ガイドさんは超ベテランさんで、知識も豊富だし顔パス?ライセンスによる特権?で車椅子のために、通常門が閉まっている道をショートカットで通してもらったりもできました。

③体調不良(今回は次男の時差ボケ)時の専用車の活用

無理やり起こして…。祈りの蝋燭を。

車椅子とは関係ないけれど、困ったのは幼い次男の時差ボケ…

グエル公園に着いた時には眠くて眠くて…。笑

そんな時も専用車だったおかげで、少し車で寝かせることができました!

ツアーだと中々車内を自由に使えないので、本当に良かったです。

④車の様子がわかっており、体勢維持の方法や荷物(特に車椅子)についての安心

到着日の空港にお迎えと同じ専用車が1日観光の日も来てくださり、 車椅子などの大きな荷物がある場合、車の様子が分かっているということも、大きな安心感でした。

長男の車いすは、畳まずに専用車の荷物置き場に乗せることができ、長男は座面とベルトを利用して車内に乗りました。

モンセラットの昇降機

写真のような階段昇降機があり、マリア様の足元の下の下の階段下まで行けました!

海外では車いすでも観光できるようなエレベーターや昇降機が多いですね!

ハンディキャップのある子どもをつれた家族旅行に行った感想

結果から言うと、大満足の家族旅行になりました!!

でも旅行に行く前は元々旅行会社で添乗員として訪れたことがあるバルセロナでしたが、家族旅行としては初めてなので不安が多かったです。
“子供2人と足腰が弱い親を連れていくこと”
“長男が車椅子で医療行為やアレルギーがあること”
これだけの心配事をかかえての海外旅行だったので出発前は約一年前から準備をしました。
旅行用の折り畳める車椅子の製作に関しては2年前から計画と準備をしました。

添乗員をしていた経験もあり、飛行機や宿泊場所は個人手配できましたが、やはり現地での移動や観光のサポートを旅行会社にお願いできたことで、不安が多い旅行でしたが安心して出発を決意できました。

医療が必要ですが準備をしっかりしつつ、勇気を出して旅に出てみると、旅行中から子供たちは外国語に興味をもちはじめたり、何年も経つのに今でもバルセロナの思い出話をよくしており、家族の良い想い出になっています。
また、偶然かもしれませんが長男は旅行中てんかん発作が減りました。
目は見えなくても楽しい!嬉しい!という脳波が流れるのかなと感じています。
家族全員にとって最高の経験になったことは間違いありません。

この旅行に行けたことで、次は私の好きな国、エジプトで色々や経験をしてほしいな。
砂漠に触れたり、音、香りが異なる国を体感してほしいという新しい夢もできました。